1. ホーム
  2. マン管の基礎知識
  3. ≫マンション管理士と管理業務主任者との違い

マンション管理士と管理業務主任者との違い

マンションマンション管理士と管理業務主任者は比較的最近できた国家資格ですが、仕事内容には違いがあります。

また、マンション管理士は管理組合の立場に、管理業務主任者は管理業者の立場に立つのが目的となっており、資格の管轄も異なります。

では、具体的にどういった違いがあるか少し掘り下げて解説していきたいと思います。

マンション管理士とはどのような仕事か

マンション管理士になるには、国家資格を取得しなければなりませんが、比較的最近できた国家資格となり、新しいジャンルの業務となっています。

具体的な仕事内容は、管理組合の抱える問題をコンサルタントとして支援していくものとなっています。

代表的なところでいえば、マンションの住民のトラブルに対する助言や指導、建物の保全や修繕にかかわる業務などがあります。

マンション内の人間関係を円滑に進めるというのが重要な仕事のうちのひとつとなっていますが、実際の仕事内容はもっと多岐に渡ります。

生活と向き合い、生活している人々とも向き合っていくという、非常に責任の重い仕事とも言われております。

また、法律の知識も必要となってきますので、常に知識を頭に入れることも必要となってきます。一般的なマンション管理人とは業務も仕事内容もまるで異なり、一線を画しています。

管理業務主任者とはどう違うのか

マンション管理士の他にも似たような名前で引き合いに出されるのが管理業務主任者です。

共通点はマンション管理業者などに従事し、トラブルなどに対応していくといった点やマンションの資産価値を維持していくといった点ですが、違いはマンション管理士が管理組合側の立場で支援を行うのに対し、管理業務主任者は管理会社に属し、管理会社の立場に従って重要事項の説明のほか、処理状況のチェックから報告までの業務を行います。

つまり、管理業務主任者はマンションの管理業務を、マンション管理士は管理組合のアドバイザーやコンサルト的な存在であると言えます。

マンションに住む人々にとっては、マンション管理士のほうがソフトで相談しやすい状況であると言えます。

どちらも大変な仕事ですが、マンション管理士の資格はまだ浅いので数が少なく、これから拡大していくジャンルの職業であると推測できます。

マンションの資格を取るには目的を

マンションに関わる仕事をされたい方もたくさんいらっしゃいますが、マンション管理士と管理業務主任者では明確な違いがありますので、もし将来そうした仕事を目指したいなら、自分がどうありたいか、どういう立場で仕事をしたいかという未来図をしっかり持つことが重要となります。

また、マンション管理士は独立開業が可能となりますが、管理業務主任者はマンション管理会社に勤めることになります。

なぜならば、マンション管理会社には管理業務主任者を置くことが法律で定められているためです。また、資格の管轄も全く異なるものになってきますので、しっかりと比較検討することも大切です。

試験の難易度はどちらもそこまで高くありませんが、責任の重要な仕事でもありますので、責任感の強い人が適正といえるでしょう。

そして、どちらも忍耐強さが必要となってくる職業となります。

マンション管理の責任と仕事

こうした職業には先程述べたとおり、はっきりした目的と責任感が必要となってきます。

マンションのトラブルというのは些細なことでありながら当事者たちの間では深刻な問題になっていたりもします。

もし、マンション管理士になりたいならば、人々と向き合えて柔軟な対応ができ、ストレスにも強くなることが必要でしょう。

また、マンションの資産価値を維持しなければなりませんので、建物のトラブルに対する対応力も必要となります。

よって、体力も必要となってきます。

現在の日本は、マンションがとても多くなってきており、建物の形状や高さにかかわらず、維持や管理はとても大変になってきてます。

そしてマンションというのは非常に高い買い物なので、購入した方にとっては生涯の重要な資産となります。

同じマンション管理でも色々な方向性がありますが、よりよい人間関係を作るために、客観的になれる立場の人が必要になってくると言えます。

平成30年度向け マンション管理士のおすすめ通信講座!

  1. フォーサイト
    フォーサイトのマンション管理士・管理業務主任者通信講座

    フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です。

  2. KIYOラーニング
    KIYOラーニングのマンション管理士・管理業務主任者通勤講座

    参考書などの書籍を全く使わない画期的なEラーニングシステムを採用し実績を上げている資格講座です!受講料もリーズナブルで独学とそれほど変わらない費用で受講できるのもかなり魅力的!

  3. TAC(タック)
    TAC(タック)のマンション管理士・管理業務主任者講座

    TACでは毎年多くのマン管・管業の本試験合格者を輩出しており、講座実績は折り紙付きです!基礎学力に応じた講座コースも充実しており、受講生サポートの手厚さは資格学校No1と言えるんじゃないでしょうか。